「ターッ、タッタッタッ」行司のかけ声が響く

[鹿児島県]くも合戦

【開催日】2006年6月18日(日)

くも合戦

右に見えますのは~、桜島でございま~す。きたる6月18日、ここ鹿児島県は加治木(かじき)町で「くも合戦」がおこなわれます。

初陣(ういじん)を飾るべく、また昨年の雪辱を果たすべく、この日、加治木町福祉センターには、全国各地からただならぬ闘志に燃える“くもつかい”たちが一同に会します。

例年、参加者は150人、合戦を見守る観衆は2000人。え?FIFAワールドカップサッカー一色の時期に、どっからそんねん見にくるんかって?

なに言うてるんですか、お父さん。サッカーとはまた違った盛り上がりを見せるんですから。

それでは、イベントの詳細をみてみましょう。

  • くも合戦
    なぜか最初におこなわれる「くも美人コンテスト」。「八頭身ですらりとしたスタイル」などの審査基準があるそうです。
  • くも合戦
    合戦の様子。相手の腹部に糸を巻きつける・かみつく、または相手の糸を切り落とした者が勝ち。行司さんも真剣そのもの。
  • くも合戦
    2匹のくもの壮絶な戦いを息を凝らして見守る少年たち。ちなみに、合戦参加者150人のうち半数は子どもたちです。

【写真提供】加治木町役場

【開催日時】
2006年6月18日(日)
【開催場所】
加治木町福祉センター
【アクセス】
JR加治木駅から徒歩5分 加治木インターチェンジから車で3分
【参加料金】
無料 ※合戦申込みは6月16日(金)まで
【問い合わせ】
加治木町役場企画課(加治木町観光協会) TEL:0995-62-2111
鹿児島県のホテル・宿予約はこちら
加奈子の耳より情報

戦わせるのはどれも「コガネグモ」の雌。野山で野生のくもを採取し、自宅で大きく育てます。合戦に勝つコツはいろいろあるようで、合戦の数日前からえさをやらず、どう猛にさせたり、なかには、餌にするコガネムシにビタミン注射をする人もいるそうですが、ほんとのところは、だれも教えてくれないそうです。