カップルじゃなくても遠慮は無用

[大阪府]星愛七夕まつり

【開催日】2006年7月7日(金)

星愛七夕まつり

右に見えますのは~、ギャルみこしでございま~す。きたる7月7日、ここ大阪市北区天満(てんま)では、「星愛(ほしあい)七夕まつり」がおこなわれます。

1年に1回、おり姫とひこ星が出会う日、七夕。大阪天満宮(てんまんぐう)の境内では、カップルたちが手をとりあって、境内にもうけられた7つの茅の輪(ちのわ)をくぐり、七夕に願いをこめます。

なんて、ロマンチックな行事なんでしょう。ね、お父さん。…お父さん!?ギャルみこしばっかり見て。お母さんがプンプンしちゃいますよ。

それでは、イベントの詳細をみてみましょう。

  • 星愛七夕まつり
    「恋愛成就」の茅の輪をくぐるカップル。茅の輪とは、茅草(かやくさ)で作られた大きな輪のこと。これをくぐると厄払いになるそうです。
  • 星愛七夕まつり
    茅の輪をくぐったあと、葦でつくった短ざくに願いごとを書き、「星愛の池」のほとりにある笹につるします。願いごとは「世界平和」でもOK。
  • 星愛七夕まつり
    本殿でとりおこなわれる神事。天満商店街が一般公募で選んだ天満天神花娘たちが、参拝者の短ざくをお供えし、お祈りします。

【写真提供】星愛七夕まつり実行委員会 祭好人

【開催日時】
2006年7月7日(金)
【開催場所】
大阪天満宮
【アクセス】
JR大阪天満宮駅から徒歩5分
【参加料金】
無料
【問い合わせ】
星愛七夕まつり実行委員会 TEL:06-6353-0025
大阪府のホテル・宿予約はこちら
加奈子の耳より情報

茅の輪の種類は全部で7つ。「心身健康」「家内安全」「商売繁盛」「交通安全」「学徳向上」「恋愛成就」「厄除」。短ざくは1枚300円。もちろん、カップルばかりではなく、近所のおじちゃん、おばちゃん、それに、がきんちょもたくさん来てますので、安心してお越しください!