今年もたくさん産んでください

[徳島県]うみがめ祭り

【開催日】2006年7月15日(土)

うみがめ祭り

右に見えますのは~、アカウミガメでございま~す。きたる7月15日、ここ徳島県は日和佐で、「うみがめ祭り」がおこなわれます。

ちょうど6月から8月にかけては、うみがめの産卵期。日和佐の大浜海岸には、毎年、約70頭ものアカウミガメが産卵のため上陸します。

今年もたくさん卵を産みますように…。そんな願いをこめて、「うみがめ祭り」はおこなわれます。

さて、ここで問題です。うみがめは産卵するとき、どうして涙を流すのでしょうか?え?砂粒が目に入って痛いから?ブッブー。お父さん、ハズレです。

それでは、祭りの詳細をみてみましょう。

  • うみがめ祭り
    龍宮パレード。乙姫大使や浦島太郎が、JR日和佐駅前からうみがめの古里・大浜海岸までパレードします。乙姫大使は公募で選ばれるそうです。
  • うみがめ祭り
    うみがめ放流。これまた乙姫大使と浦島太郎が、かめの赤ちゃんを海にかえします。浦島太郎はいっしょに龍宮城へ行かないのでしょうか。
  • うみがめ祭り
    ビーチフラッグ選手権。世界チャンピオン、モーガン・フォスターさんと対戦です。会場は産卵場ではございません。ご安心ください。

【写真提供】美波町役場

【開催日時】
2006年7月15日(土)
【開催場所】
美波町桜町
【アクセス】
JR牟岐線日和佐駅から徒歩5分 車の場合は、徳島自動車道徳島ICから国道55号経由で60km90分
【参加料金】
無料
【問い合わせ】
美波町役場産業振興課 日和佐うみがめまつり実行委員会 TEL:0884-77-3617
【ホームページ】
http://www.town.minami.tokushima.jp/
徳島県のホテル・宿予約はこちら
加奈子の耳より情報

大浜海岸のすぐ目の前に、世界でも珍しい「うみがめ博物館カレッタ」があります。「カレッタ」とは、アカウミガメの学名だそうです。館内の大水槽では、うみがめが悠々と泳ぎ、世界のうみがめのはく製なども展示されているそうです。お越しの際は、ぜひお立ち寄りください♪