ぶっちゃけ寒いです

[福島県]西方(にしかた)水かけまつり

【開催日】2007年1月1日(月)

西方(にしかた)水かけまつり

右に見えますのは~、日本三大桜のひとつ、「三春滝桜」でございま~す。あ、咲いてないか。

毎年元旦に、ここ福島は三春(みはる)町で「西方水かけまつり」がおこなわれます。

300年余りの伝統を持つこのお祭りでは、無病息災・子孫繁栄・五穀豊穣を願って、青年たちが勇壮に水をかけ合うそうです。

まずは「出やど」(前年に結婚した新婚さんの家)にお邪魔して宴会をします。次に大滝根川(おおたきねがわ)でみそぎをし、塩釜神社に駈けのぼって参拝したあと、井戸を中心に水かけをするそうです。

え?新婚さんちにお邪魔したらあかんやろって?いいんですよ、お父さん。結婚したら外部の干渉はつきものなんです。年賀状に「いつでも遊びにきてね!」って書いてあるし。

それでは、イベントの詳細を見てみましょう。

  • 西方(にしかた)水かけまつり
    参加するのは町の若連会(わかれんかい)に所属する18~33歳までの青年。昨年は9名参加しました。
  • 西方(にしかた)水かけまつり
    青年はトランクスのような白い半ズボン+上半身裸+豆しぼりという格好。三春町観光課の方が「おそらく寒いでしょうね~」とおっしゃってました。人ごとです。
  • 西方(にしかた)水かけまつり
    桶やバケツを使ってザッブンザッブン、水というよりは泥水をかけ合うそう。なので別名「泥かけまつり」とも呼ばれています。

【写真提供】三春町役場産業建設課観光グループ

【開催日時】
2007年1月1日(月)
【開催場所】
福島県田村郡三春町大字西方(にしかた)地内
【アクセス】
JR磐越東線三春駅からタクシーで約15分 磐越道郡山東ICから15分(駐車場なし)
【参加料金】
無料
【問い合わせ】
三春町役場産業建設課観光グループ TEL:0247-62-3960
福島県のホテル・宿予約はこちら
加奈子の耳より情報

その年、新婚さんがいない場合は公民館が「出やど」となります。公民館て、公民館て…!味気ないものです。でも、幸い来年は新婚さんの家からスタートするもよう。また、みそぎは正午過ぎから始まり、水かけの時間は5~10分程度らしいので、お見逃しなく!