発音練習みたいな名前

[宮崎県]ベブガハホ

【開催日】2007年2月18日(日)

ベブガハホ

右に見えますのは~、サンヨーフラワー温泉でございま~す。

2月18日に、ここ宮崎は高原(たかはる)町で「ベブガハホ」がおこなわれます。

「ベブガハホ」とは五穀豊穣と牛馬安穏を願っておこなう農耕神事。高原町に500年も昔から伝わっています。「ベブ」は牛、「ハホ」は主婦を表す方言なんだそう。この神事では、木彫りの牛を使って、田起こしや牛耕、種まきなどの所作をユーモラスに演じます。

ストーリーは、あぜ塗りのあと牛が病気で倒れてしまい、大騒ぎ。手当てをしても治らないので、馬頭観音(ばとうかんのん)にお祈りし、踊りを奉納したところ、牛が回復する、というもの。

え?そのまんま東もベブガハホを見に来るんかって?お父さん、たけし軍団に入って熱湯風呂にでも浸かっててください。

それでは、イベントの詳細を見てみましょう。

  • ベブガハホ
    演じられる神事に基本的な流れはありますが、その場その場のアドリブも多いそう。地元の言葉できわどい冗談も次々に飛び出します。お父さんにもアドリブに強くなってほしいもんです。
  • ベブガハホ
    ハホ(主婦)役は残念ながら男性が演じます。8役ある役どころを氏子さんが演じるそうですが、人不足のため、当日見学に来た人に依頼することもあります。
  • ベブガハホ
    祭りは午前10時頃から始まり、1時間弱ほどおこなわれます。地元の人や、社会見学に来た子どもたち、観光客など、大勢の見物客で賑わうそうです。

【写真提供】高原町役場まちづくり推進課商工観光係

【開催日時】
2007年2月18日(日)
【開催場所】
宮崎県西諸県郡(にしもろかたぐん)高原町狭野(さの)神社境内
【アクセス】
高原ICからR223を霧島方面へ車で10分 JR高原駅からタクシーで5分
【参加料金】
無料
【問い合わせ】
高原町役場まちづくり推進課商工観光係 TEL:0984-42-2111
宮崎県のホテル・宿予約はこちら
加奈子の耳より情報

参拝者は祭りでまいた種もみを自由に拾って帰れるそうです。ご利益があると信じて持ち帰る人が多いそう。田んぼをお持ちでない方も、いま流行のベランダ・ガーデニングで稲作に挑戦してみては!?