食べられないバイキング

[高知県]南国土佐皿鉢(さわち)祭

【開催日】2007年3月11日(日)

南国土佐皿鉢(さわち)祭

右に見えますのは~、土佐闘犬センターでございま~す。

3月11日に、ここ高知県は高知市で「南国土佐皿鉢(さわち)祭」がおこなわれます。

このお祭では、高知県の名物、皿鉢料理のPRをするため、約200点もの作品が展示されます。

そもそも皿鉢料理とは、大皿に何人分ものすし、刺し身、煮つけ、デザートなどを豪快に盛る料理のこと。好きなものを小皿にとって、バイキングのように楽しむ高知の郷土料理なんだそうです。現在でも、結婚式や宴会などで見かけることができます。自分、ケッコンシキにはbinkan.jpっす。この日一日の展示のためだけに、県内の旅館やホテル、飲食店の調理師が腕を振るいます。タイの活け造りをはじめとする職人たちの見事な技を堪能できる絶好のチャンスです。

え?タイの活け造り、食べてみたいなぁって?お父さん、みかんと銀紙に包んだゆで卵を、お母さんが用意して待ってますよ。

それでは、イベントの詳細を見てみましょう。

  • 南国土佐皿鉢(さわち)祭
    展示後、料理は廃棄処分されます。展示が目的のため、実は料理には味つけをしていないとのこと。また、作品の乾燥を防ぐ薬品をつけており、食べることができません。こっそりつまみ食いしてもがっかりします。
  • 南国土佐皿鉢(さわち)祭
    「いずれの作品も甲乙つけがたく、順位づけなどはおこなっていません」と観光協会の方がおっしゃってました。「俺のが一番だぜ」と思えれば、それでいいんです。
  • 南国土佐皿鉢(さわち)祭
    昨年は、高知県内外から約4万人の来場者があったそうです。お腹のへった来場者を狙って、商店街のお店が、ここぞとばかりにすしなどの販売を予定しています。

【写真提供】高知市観光協会

【開催日時】
2007年3月11日(日)
【開催場所】
高知県高知市 大橋通り商店街ひろめ市場ほか
【アクセス】
JR土讃線高知駅から徒歩15分(大橋通り商店街)  高知自動車道高知ICから県道44号を経由し、国道32号を帯屋町方面へ車で5km(大橋通り商店街)
【参加料金】
無料
【問い合わせ】
南国土佐皿鉢まつり実施運営委員会事務局(高知市観光協会内) TEL:088-823-4016
高知県のホテル・宿予約はこちら
加奈子の耳より情報

展示料理のメインテーマは「土佐の婚礼」で、過去と現在の婚礼料理をくらべて見ることができます。土佐料理のダイナミックさと繊細さのコラボレーションを楽しむことができますよ。