パイ投げの元祖?

[福岡県]泥打ち祭り

【開催日】2007年3月28日(水)

泥打ち祭り

右に見えますのは~、隠家の森でございま~す。

3月28日に、ここ福岡は杷木(はき)で「泥打ち祭り」がおこなわれます。

このお祭りでは、地元の小学校5・6年の子どもたち12人が、大杯でお酒を飲まされた代宮司(だいぐうじ)に、思いっきり泥を投げつけるそうです。代宮司に泥が付けば付くほど、その年は豊作と言われています。

約500メートル離れた場所まで歩くなか、先導役の獅子を持った若者が「打たんか、打たんか」とハッパをかけます。子どもたちは投げまくり、白装束を着た代宮司はあっという間に泥色に。お笑い芸人バリの体の張り方です。

え?ものを投げられるのは慣れとるって?お父さん、家ではドッグフードやカメのえさが飛んでくるらしいっすね。乾燥したやつ。

それでは、イベントの詳細を見てみましょう。

  • 泥打ち祭り
    代宮司はくじ引きで決められます。この地区には60戸家があり、60枚の紙が用意されるそう。その中の1枚に「福」という文字が書かれてあり、「福」を引くと泥打ち決定です。当たれば福なのかどうかはその人の判断にまかせます。
  • 泥打ち祭り
    泥打ちされる前に、代宮司は大量の酒を飲まされます。足元はフラフラで、人に支えてもらって立つのがやっと。酔っ払っているため抵抗することもなく、泥もかけられっぱなしというわけです。
  • 泥打ち祭り
    泥打ちされた代宮司は、最後に近くの筑後川まで行き、川の中で泥だらけの体を洗います。泥はかけられるわ、寒い思いはするわ…。でもやっぱり酔っ払っているため、気にならないみたいです。

【写真提供】朝倉市役所杷木地域行政センター産業建設課商工観光係

【開催日時】
2007年3月28日(水)
【開催場所】
福岡県朝倉市杷木穂坂(はきほさか)阿蘇神社
【アクセス】
大分自動車道杷木ICより日田(ひた)方面へ約5分
【参加料金】
無料
【問い合わせ】
道の駅原鶴内 TEL:0946-62-0334
福岡県のホテル・宿予約はこちら
加奈子の耳より情報

12時から代宮司の抽選、14時から神事、そして15時から泥打ちがおこなわれるとのことです。なお、泥は周辺の道路や家だけでなく、見物人にも飛んでくる可能性があります。服装は汚れても気にならない格好がよいかもしれません。