ひがぁ~し~、ガッツババ山、にぃ~し~、仕事ない海(かい)~

[北海道]女だけの相撲大会

【開催日】2007年5月13日(日)

女だけの相撲大会

右に見えますのは~、横綱千代の山・千代の富士記念館でございま~す。

5月13日に、ここ北海道は福島町で、「女だけの相撲大会」がおこなわれます。

この大会は平成3年から始まり今回で17回目。そもそも、女性守護の神様をまつっている川濯(かわそ)神社が創建500年を迎えたときのお祝い行事として始められたのがきっかけです。

毎年母の日に開催され、20代~50代くらいの女力士が、激しいぶつかり合いで会場を沸かせます。ちなみに18才以上の女性ならどなたでも参加が可能。札幌、釧路、小樽など、北海道内から参加される方がほとんどだそうですが、今年は岡山から8名(うち3名が応援団)が参加予定とのこと。熱戦が見ものです。

え?ウルフこと千代の富士に会いたいなぁって?お父さん、記念館の前に銅像があるんでお好きに話しかけてればいーんじゃね?

それでは、イベントの詳細を見てみましょう。

  • 女だけの相撲大会
    今年ははるばるアメリカからの参戦者も!なんと身長と体重が180×190というビッグな女性がやってきます。180と190という数字ですが、どっちが身長でどっちが体重なのか、観光協会の方もわからなくなっちゃったそうです。テヘッ。
  • 女だけの相撲大会
    行司は初回からずっと、馬躰馬之助(ばたいうまのすけ)さんという方がやっています。アドリブがうまく、会場を笑いに包む馬之助さんは、名行司として有名です。
  • 女だけの相撲大会
    しこ名は自分で自由につけられます。中には「仕事ない海(かい)?」というしこ名の力士も。ちなみに「仕事ない海?」は、昨年、相撲をとるギリギリ前に仕事が見つかり、名前と矛盾のある状態で土俵に上がったそうです。しこ名はコチラでチェック!【2006年対戦結果表】

【写真提供】福島町観光協会

【開催日時】
2007年5月13日(日)
【開催場所】
北海道松前郡福島町福島大神宮鏡山公園内相撲場
【アクセス】
JR木古内(きこない)駅から車で約40分 JR函館駅から車で約1時間30分
【参加料金】
2,000円
【問い合わせ】
福島町観光協会 TEL:0139-47-2272 申し込み用紙
【ホームページ】
http://www.town.fukushima.hokkaido.jp/shoukou/sumo/default2.htm
北海道のホテル・宿予約はこちら
加奈子の耳より情報

参加料金2千円を払えば、全員に参加賞金として1万円が授与されます!かなりの太っ腹ぶりですねぇ。しかも、優勝者には賞金10万円と賞状、トロフィーのほか、副賞としてじゅうたんや自転車、特産品のするめや昆布など、本当に手で持てない量の豪華賞品がプレゼントされるそう。少なくとも8千円は得をする相撲大会に、あなたも参加してみてはいかがでしょうか!?どすこい!