大会はウソじゃないよ、ホントだよ

[青森県]万国ホラ吹き大会

【開催日】2007年6月2日(土)

万国ホラ吹き大会

右に見えますのは~、あじゃら公園でございま~す。

6月2日に、ここ青森は大鰐(おおわに)町で、「万国ホラ吹き大会」がおこなわれます。

この大会は、出場者が持ち時間の5分間でいかに大ボラを吹くかを競うもの。昔から津軽地方には「石の塔見ねうぢ でっけごと しゃべらいねぞ」(石の塔を見ないうちは大きなことは言えないよ)ということわざが言い伝えられており、これをもとに開催されているのが、この「万国ホラ吹き大会」なんだそうです。

大会当日は、まず午前中に石の塔への参詣登山をおこない、言い伝えどおり石の塔を見て、大きいホラが吹ける大法螺吹(おおぼらふき)免許証をもらいます。ホラ吹きの資格を得たところで、「大鰐町地域交流センター鰐come(わにかむ)」に会場を移し、思う存分ホラを吹きまくるというわけです。これまでに、「私の家には冷蔵庫が10台あり、その中の1つには1万円札がびっしり入っている」や「賞味期限は人に使うもの。会場の男性はみんな期限が切れているが、女性はほとんどの人が切れていない」などといったホラが飛び出したそう。

観客には、特産品の温泉もやしがたっぷり入った豚汁や、おにぎり、ジュースが配られ、お食事をしながらホラを楽しめます。豚汁とホラの組み合わせ、なかなか乙です。

え?ワシは今までいっぺんもホラを吹いたことないでって?お父さん、また無免許でウソ言って…。はい、罰金12,000円ねー。

それでは、イベントの詳細を見てみましょう。

  • 万国ホラ吹き大会
    ホラ吹き大会の出場者は毎年10名前後。昨年は青森県内から6名、秋田県から5名の計11名が参加されたそうです。観客は約400名ほどおり、会場は大きな笑い声に包まれます。
  • 万国ホラ吹き大会
    優勝者(上位認定者)には、ホラ吹きの段位として、下から師範、名人、達人、仙人の認定が与えられるそう。また、地元特産品などの賞品もたくさん用意されています。ちなみに大法螺吹(おおぼらふき)免許証はコチラ。
  • 万国ホラ吹き大会
    石の塔までの時間ですが、JR大鰐温泉駅から石の塔登山口まで約40分、登山口の鳥居から石の塔山頂まで約45分くらい。石の塔は高さ24m、周囲74mもあるそうです。石の大きさはウソじゃないようです。

【写真提供】大鰐町企画観光課

【開催日時】
2007年6月2日(土)
【開催場所】
青森県南津軽郡大鰐町地域交流センター「 鰐come(わにかむ)」
【アクセス】
JR大鰐温泉駅から徒歩1分 東北自動車道大鰐弘前ICから国道7号経由で4km(10分)
【参加料金】
1,500円(大会出場者は無料、観客は参加料として1,500円が必要)
【問い合わせ】
大鰐町企画観光課 TEL:0172-48-2111
青森県のホテル・宿予約はこちら
加奈子の耳より情報

参加料を払うと、大法螺吹免許証や豚汁のほかに、会場までの送迎バスや、「鰐の湯」入浴券、お楽しみ抽選会などの豪華特典がついてきます。笑い疲れたあとはゆっくり温泉につかって、使いすぎた腹筋を癒すのはいかがでしょうか。