どれに賭ける?

[北海道]人間ばん馬大会

【開催日】2007年7月1日(日)

人間ばん馬大会

右に見えますのは~、鹿の子温泉でございま~す。

7月1日に、ここ北海道は置戸町(おけとちょう)で、「人間ばん馬大会」がおこなわれます。

この大会は、毎年7月に開催される「おけと夏まつり」のメインイベント。丸太を積んだバチというそりを、5人または7人で引っ張るレースで、人気券投票など、本物のばん馬レース並みのおもしろさが人気を呼んでいます。

置戸町では昔、木材の運び出しは、バチぞりをひいた馬を使っておこなっていました。そこで「いまはなき馬と山仕事の歴史を、なんとか祭に残せないか」、という想いから、馬の代わりに人間がそりをひく、“人間ばん馬”が誕生したんだそうです。

丸太は予選では300kg、決勝にもなると500kgの重さのものを使うとのこと。5人引き、7人引きレース以外にも、地元の高校生が出馬(?)するレースや、小学生対抗レース、自治会レースなどが繰り広げられ、会場は大いに盛り上がります。

え?ワシもレースに参加したいなぁって?お父さん、丸太の代わりに引きずりまわしてあげますよ。

それでは、イベントの詳細を見てみましょう。

  • 人間ばん馬大会
    人気券投票は、売店で買い物をしたときに配られるサービス券を使っておこないます。投票は、1着と2着を予想する方法。つまり馬単かっ!ん?人単か!?当たった場合、配当金分の景品と引き換えられるそう。
  • 人間ばん馬大会
    優勝賞金は5人引きの部が、ご、50万円っ!7人引きの部が20万円です。そりゃあ白熱するわけですな。観客も、自分が投票したチームに勝ってほしいため大声で応援し、会場は盛り上がりまくります。
  • 人間ばん馬大会
    今年の大会にも、サークルや会社の同僚、同級生の集まりなどで構成された様々なチームが参加する予定。ちなみに7人引きと5人引きのレースには、男性しか参加できないんだそうです。

【写真提供】置戸町商工会

【開催日時】
2007年7月1日(日)
【開催場所】
北海道常呂郡(ところぐん)置戸町(おけとちょう)若木(わかき) 置戸町スポーツセンター広場
【アクセス】
JR石北本線「北見駅」から北海道北見バスに乗り「おけと乗降場」下車徒歩2分、女満別空港から車で約80分、北見市から車で約35分
【参加料金】
無料
【問い合わせ】
置戸町商工会  TEL:0157-52-3520
北海道のホテル・宿予約はこちら
加奈子の耳より情報

当日は、競馬新聞ならぬ「人馬新聞」が1部100円で販売されるそう。出馬表や、レースに出場する選手の情報などが詳しく書かれているとのこと。また、ちゃっかり予想屋さんもいるそうなので、投票の参考にしてみてはいかがでしょうか?