テ-マ日帰りで雄大な滝を見に行くなら?

さいたま市に住んでいるのですが、秋の行楽がてら、日帰りで滝を見に行きたいと思ってます。近県では、日本三名瀑に数えられる栃木県の華厳の滝と茨城県の袋田の滝があり、どちらも見ごたえがありそうで、捨てがたいです。もし、みなさんが見に行くとしたら、どちらを選びますか?ぜひ、その理由もお聞きしたいです。(NANCHAN)

華厳の滝(栃木県)

  • 184票(56%)
  • 華厳の滝
  • 写真提供:GOTOCHANさん
  • 栃木県の日光市にあり、和歌山県の那智ノ滝、茨城県の袋田ノ滝とともに「日本三大瀑」と呼ばれる滝です。中禅寺湖の水が太い水柱となって、高さ97メートルをほぼ一気に落下する豪快さは圧巻。滝壺から大量の水煙が風に乗って舞い上がっており、専用エレベーターで下に降りると、滝の水を肌で感じることができます。また、日光市内には四十八滝といわれるほど滝が多く、名所といわれる裏見の滝や霧降の滝なども楽しむことができます。

《栃木県データ》

地域:
関東地方
面積:
約6,408k㎡
気候:
内陸型気候。一日の寒暖差が大きく、冬は朝の冷え込みが厳しい。夏は雷の発生率が高い。
人口:
約201万人
方言:
栃木弁
特産物:
餃子、苺、かんぴょう、ソバ、ゆば、しもつかれ、佐野ラーメン、鮎のなれ寿司、法度汁、いもフライ、きんとん饅頭、ゆず羊羹
東京からの距離:
約76km
栃木県出身の有名人:
山口智子、酒井若菜、相田みつを、小田茜、真島茂樹、河口恭吾、カヒミカリィ、平山あや、ザ・たっち、ガッツ石松、江川卓、柊あおい

袋田の滝(茨城県)

  • 145票(44%)
  • 袋田の滝
  • 写真提供:ralphinさん
  • 茨城県の大子町にあり、高さ120m、幅73mの大きさを誇る滝です。大岸壁を四段に流れることから、別名「四度の滝」とも呼ばれています。夏には水しぶきで虹を描き、秋には紅葉が渓谷を飾ります。また、厳しい寒さが続いた日には、滝の水が凍って美しい氷瀑も見ることもでき、四季折々の姿を楽しめます。江戸時代は水戸藩の領地内であり、水戸黄門(徳川光圀)が訪れたことがあるといわれています。

《茨城県データ》

地域:
関東地方
面積:
約6,095k㎡
気候:
温暖な太平洋側気候。
人口:
約296万人
方言:
茨城弁
特産物:
納豆、常陸牛、そば、シジミ、梨、メロン、チンゲンサイ、れんこん、こしひかり、ほしいも、奥久慈こんにゃく、笠間焼き、結城紬
東京からの距離:
約70km
茨城県出身の有名人:
梅宮辰夫、石井竜也、城之内早苗、永作博美、磯山さやか、池内博之、栗山千明、白石美帆、田村英里子、倍賞美津子、三浦春馬
華厳の滝(栃木県)を選んだ理由 
  • 地元民です。滝メインの観光なら、絶対華厳の滝がオススメ!華厳の滝の豪快さは言わずもがな。その他にも、霧降滝・裏見滝・清滝・竜頭滝など、素晴らしい滝が点在しています。中でも、私の大好きな湯滝も見て欲しい!ぜひ、滝巡りでマイナスイオンをたっぷりあびて、リフレッシュしてください♪(みやっこ)
  • 滝の落差が大きい。近くに日光東照宮やいろは坂など、観光名所が多い。(ストラディバリウス)
  • 名前からして、雄大そうです。知名度も高いようです。(広島育ち)
  • まさに雄大な感じがします。(まさる)
  • 茨城県民でありながらも、袋田滝周辺には、他に遊ぶところがなくつまらない。華厳の滝は、戦場ヶ原から東照宮まで、数々の自然や文化があり、ゆっくりと巡ることができます。(輪太郎)
  • テレビで以前よく見てた有名な滝ですネ。霊感体験も出来るらしい…心霊写真も撮れるそうなので、1度は行ってみたい滝です。滝は、マイナスイオンが感じられて、本当に気持ちの良い場所です。(星の旅人)
  • 華厳の滝は、男性的で荒々しく、迫力が有ります。袋田の滝は、女性的な優雅さが有ります。好みの問題でしょう。紅葉の時期の華厳の滝の美しさは、格別のものがあります。特に下から徐々に紅葉する様は、何度行っても違った景色を楽しめます。(Q太郎)
  • この前、両親を連れて行ったのですが、両親は初めて華厳の滝の豪快さを見て、すごいと感激してました!私は2度目でしたが、やっぱり、華厳の滝の迫力はすごいな、と思いました。(あずさ)
  • 97mをほぼ一気に落下する豪快さと、自然が作り出す華麗な造形美。これは圧巻でした。(島根県民ダイジ)
袋田の滝(茨城県)を選んだ理由 
  • 華厳は超メジャーですが、袋田の滝もとても神秘的で素晴らしいです。平日なら1万円以下で泊れる宿も徒歩圏内にあり、夕飯前のお散歩がてらに行けるので、泊りがけでも楽しめます。(アクセスも良い)
  • 華厳の滝も確かに勇壮だが、袋田の滝の迫力は凄いものがある。滝ゆえに落差を考えがちだが、この迫力には到底及ばないだろう。(おっさん)
  • だって、茨城出身だし。袋田の滝好きだし。(ann)
  • 袋田の滝の方が幅が広く雄大だから。(康子)
  • まだ行ったことがないから。華厳の滝は何回見たことか。(hocchi)
  • 華厳の滝は、以前のスマートさがなくなったので、単なる落差の大きな滝でしかなくなってしまった。袋田の滝は、規模が違う。近隣の名所との「合わせ技」で栃木県リードかもしれないが、「滝」そのものは、袋田の滝にはかなわないでしょう。埼玉からだと距離的には同じくらいですが、袋田の滝をぜひお勧めいたします。ちなみに、両親ともに茨城県出身です。あしからず。(さいたまのヒーロー)
  • 私がお気に入りなのは、冬、凍結した滝を見ること。全面凍結した様を見て、神秘的だと感じました。(takanori)
  • 新緑や紅葉の時期も、その景観は美しいですが、厳冬期の氷瀑も見逃せません。(ユキチャン)

(編)今回の対決では、華厳の滝に軍配が上がりました。「TVで観たことがある」など、知名度の高さがポイントとなったようです。流れ落ち方は違えど、ともに勇壮で豪快な滝ですし、1度は見てみたいですね。